個性重視・適度な重さの低価格万年筆、オート『デュード(Dude)』バイオレット 〜ついでにボールペンもご紹介〜

本棚の組み立てで手首を痛めた不器用人間・lowsaltです。

ところでTVの影響で万年筆&インクが盛り上がってますね!

実際売れているのかどうかは知りませんが

ここ数日、万年筆のツイートが急増しているので

話題になっていることは確かです。

※情報収集ツールとしてYahooのリアルタイム検索を利用しています。

遅ればせながら私も万年筆を載せましょうかね・・・

よっこらしょ・・・ヨボヨボ・・・

そんなわけで本日の主役は

個性派の廉価万年筆『デュード』です。

ついでに同シリーズのボールペンもご紹介。



万年筆もボールペンも見た目そっくりですね。

両端が丸っこいのが万年筆です。



紫色の部分は同じ長さですが

全体としてはボールペンの方が少し長いです。

ではひとつずつ見ていきましょう〜


まずは万年筆!


オート 万年筆『デュード(Dude)』バイオレット

定価:1,500円+税

ペン先:M(中字)のみ

方式:カートリッジ(コンバーターも海外他社品で使えるものがあるらしい)

サイズ:全長135mm

重さ:25.0g

昔は万年筆というと高級品のイメージでしたが

最近は手頃な価格で初心者向けの物がいろいろ出ています。

国内メーカーで定価が1,500円(+税)以内だと

カクノ、プレピー、プレジール、ハイエースネオ、ペチット1

ペン習字ペン、ふでDEまんねん、デスクペン、など。

ただ、だいたいプラスチック軸で、軽いんですよね。

定価1,500円(+税)以内の国内メーカーに絞って

・みんな持ってるのは嫌、個性的なのが欲しい

・軽い軸より重い軸が良い

という方におすすめなのが、デュードです。

・・・と言いたかったのですが、この記事をあらかた書き終わって

あらためて調べたところ・・・

バイオレットは廃番かもしれません。

公式サイトではそういった情報が見つけられませんでしたが

売っているお店がネットでも非常に少なくなっています。

ボールペンに至ってはAmazon・楽天・Yahoo、全滅です。

特にヤフーショッピングには棚ぼた狙いの高額無在庫屋しかいません。

(2019/5/18現在)

デュードの欠点は「店頭であまり見かけないこと」で

だからこそ、他人と違う物を持ちたい人にお薦めだったのですが。

元々取り扱い店が少ないのに、今後は輪をかけて入手しにくくなるかもしれません。

見つけたら買っとこうぜ!

・・・ (`;ω;´)

では気を取り直して続きを・・・



カチッとしまるキャップ。

「OHTO MADE IN JAPAN Dude」の文字は控えめな色です。

少し盛り上がった印刷で、光の当たる角度によって

はっきり見えたりほとんど見えなくなったりします。

個人的にはお気に入りポイントです (´ω`=)カッコイイ



中央は六角軸ですが、キャップ先端とお尻の方は丸軸です。



クリップ付き。



漂う高級感と金属のキラキラ感が素敵。



角度で軸の色が違って見えるの、わかりますか。



線幅はM(中字)相当のみです。



分解。

カートリッジ2本が軸の中に入っています。


次はボールペン!



オート 水性ボールペン『デュード(Dude)』バイオレット

定価:1,000円+税

ペン先:0.5mm

サイズ:全長139mm

重さ:29.2g

見た目は両端以外は万年筆とほぼ同じです。

・・・なので特に語ることもなく。

写真をズラッと載っけときます。



0.5mmの水性ボールペン芯が入っています。


次に、書き比べです(MDノート使用)



万年筆はペン先にインクを付けて書きました。

何のインクだったかは忘れました・・・

撮影が半年前なので・・・(またそれか)

次にこういう事する時はインク名メモっときますスンマセン・・・



ボールペンは適度な重さでとても書きやすいです。

万年筆は・・・

正直言って書き味は(廉価万年筆一番人気の)カクノに劣ります。

Amazonのレビューをざっと見たところ

インクが「掠れる」「掠れない」

ペン先が「硬い」「柔らかい」

それぞれどちらの感想もあります。

個体差があるのかもしれません。


最後に、オート社の他の筆記具と色比べ。




上から

・ニードルポイント スリムライン(パープル)

・ビビック(パープル)

・デュード(バイオレット)

上の2本はお店で比較的よく見かけるパープル軸。

だいぶピンク寄りの色です。

デュードはそれよりも暗めの落ち着きのある紫色です。

《補足》

プレジールも軸に「金属感」がありますが

重さはデュード25g、プレジール15.4gと差があります。

たまにしか使わないならプレジールの方が

インクが乾きにくいのでおすすめなのですが

今回重視してるのは「重さ」と「他人とカブらない事」なので詳しくは語りません。


以上、オート『デュード』のご紹介でした!

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする