パイロット ハイテックC(HI-TEC-C)バイオレット 025/03/04/05

本日の主役はこちら!



『パイロット ハイテックC(HI-TEC-C)バイオレット』

正確には、Cが付くのは 025・03・04で、05は「ハイテック05」です。

発売は1994年、0.25mmは後年の登場だったと思います。

大流行していた昔はインク色がすごい豊富だったのですが、現在は10色のみです。

ペン先をよーく見ると、太さだけでなく形も異なってたりしますね。


〜ハイテックCとわたしの思い出〜

​過去記事でもちょっと触れてますが、20数年前は手帳も手紙もイラストも全部ハイテックCで書いていました。

色が鮮やかで、ほそく細かく書けて、カリカリした書き心地が大好きでした。

ただ、私は筆圧が高かったので、使っているうちにペン先が曲がったり割れたり潰れたりして、インクが無くなるより早く買い替える羽目になってました・・・(替芯がないので丸ごと買い替え)

水性ボールペンなので、耐水性は低いです。

いつの頃からかそこが気になりだし、今ではほとんど使っていないのですが、青春(?)を共に過ごした特別な思い入れがあります。


押入れごそごそ探したら、昔使ってたのが出てきましたー!

17〜20年くらい前のです。

軸は綺麗なままですが、キャップが茶色く変色しちゃってます。

もっとたくさん(紫色とかも)持ってたはずだけど、生き残ってるのはたぶんこれだけ。

下の3本は現在では廃番になってるカラーです。

黄色は03(細くて書けなくなりやすい)なのでペン先がお亡くなりになってますが

蛍光グリーンとライトブラウン(?)は04だからか、まだ書けます。

バイオレット4本、ブラックと書き比べ。※MDノート使用

未だに替え芯がなかったり

ペンだこ出来やすい硬いボディもそのままで

そんなところも愛せるっていうか

「ずっと変わらない安心感」も魅力のひとつだと思います。

そういや、お値段もそのまま(税抜き200円)ですね!

あ、でも、どうにかしてほしい点がひとつ・・・

ラベル(バーコード)が剥がしにくいことがあるんです。

妙に伸びたり切れやすかったりするんですようぅ・・・

これが

こうなる。


〜ハイテックCとわたしの歴史〜

​20数年前 イラストを描くため何色も所有

↓←押し入れから発掘したのはこの辺のもの

イラスト描かなくなって手帳用に黒とブルーのみ使用

↓←この辺のはインク使い切ったらすぐ捨ててた

数年前 シグノへ完全乗り換え

って感じで、ハイテックC→シグノへの過渡期に使ってたのは手元に残ってないです。

今回撮影した「バイオレット」は最近になってコレクション用に購入したものです。

​以上、ハイテックCのご紹介でした!

パイロット公式サイト

ハイテックC03・04、ハイテック05

ハイテックC025

正直言って、この商品の単品買いはヨドバシが一番ラクです
ヨドバシで探す

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする