色がいい!ナカバヤシ ペンフォート(PENFORT)ボールペン&シャープペンシル フェミニー パープル・ゴールド

未だ撮影スランプのlowsaltです。

なので今回の写真背景も白とグレーが混在しています。

さて本日の主役はこちら!


ナカバヤシ ペンフォート/Nakabayashi PENFORT

上)ボールペン フェミニー パープル・ゴールド

品番:TPF-BP004PU-GD
定価:3,000円+税

下)シャープペン フェミニー パープル・ゴールド

品番:TPF-SP004PU-GD
定価:2,500円+税

PENFORT(ペンフォート)は

TACCIA(タッチア、タシャ)のセカンドブランドです。

しかしまだ、今回ご紹介する2種類しか製品がないもよう。

(カラーはどちらも5色あります)



個人的お気に入りポイントは

とにかく「色が良い」!

艶があるっていうの?

大人っぽい華やかさ?

エレガント?

まあなんていうかアレですよ、

美しい紫色・金色の組み合わせと

少し小ぶりな形がめちゃ合ってるんですよ。

(語彙力失踪)



取り扱い店舗が少ないので

他人とかぶりにくいのも魅力です。

贈り物にするのもいいんじゃないでしょうか。



ただ気をつけたいのは

シャープペンシルがツイストノック式ということ。

ボールペンのツイスト式はよくあるけど

シャーペンがこの方式なのはあまりないので

使いにくいと感じる人もいると思います。



見た目はペン先以外は同じです。

ここだけ見たらどっちがどっちかわかりません。



クイズじゃないけど正解は

上がシャーペン、下がボールペンでした。



好きなのに綺麗に撮れない自分が恨めしい…

肝心の色もいまいち再現しきれていない…



ボールペン分解。

初期装填芯はドイツ製イージーフロー黒M(easyFLOW9000M)

替芯はヨーロッパタイプ(G2規格)が使えます。

(詳しくはググってね!)



シャープペンシル分解。

ちなみにこのシャーペンの中身はボールペンの軸に入れても使えました。

逆(ボールペンの芯をシャーペンの軸に入れて使う)は無理でした。



芯の補充はここから。



書いてみた。



パッケージ。

(製造時期などで変更になる可能性もあります)



以上、ペンフォート フェミニーのご紹介でした!

最近の私にしては、あっさりした記事ですが

とにかく!見た目が!色が!すごい好み!

なのにそれ以外のアピールポイントが特に思いつかず

短い文章になってるだけだよゴメンね! orz


外部リンク:PENFORT公式サイト

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする