色彩って難しい。〜突然ですが問題です〜

紫色文具コレクションを一ヶ所にまとめるために

大きなメタルラックを注文したlowsaltです。

置く場所の掃除がまだ済んでいないのに

もう発送準備に入ったというメールが来て焦っています。

さてさて・・・

たびたびブログに書いております、

ネットで買い物をして届いてみたら

『紫色に見えなかった事故』のこと。

( ・д・) ムラサキ・・・

( つд⊂) ゴシゴシ

(;・д・) ムラサキかこれ?

ムラサキという名前だからムラサキっぽく見えるけど

ナントカブルーと言われればブルーに見えるんじゃねーか?

・・・みたいな。

よくあるのが、青・ピンク・赤に見えるもの。

たまに灰色、革製品だと茶色・赤茶色に見えることも。

今日もアマゾンでポチッた文具が届いたのですが

色名がパープルなのにどう見てもピンクでした。

色彩って難しいです。

PCやスマホの画面では正確な色が伝わりにくい上に

赤←→紫←→青の色の境目は曖昧です。

どれだけ曖昧か、という例として・・・


〜突然ですが問題です〜



ほとんど同じような軸色に見えるこれらのペン。

メーカーが付けた色名(インクでなく軸の色)はそれぞれ何でしょうか?


〜答え〜



(1)「パープル」

ぺんてる 水性ボールペン ボールPentel

ボールPentel45周年限定のカラー軸。

品番:B100LV-A〜C

発売は2017年ですが、店頭にはまだまだ残っています。

処分コーナーで100〜50円位になってるのもよく見かけます。

(2)「クリアブルー」

パイロット ノック式加圧ボールペン ダウンフォースR

品番:BDWR-40F-CL

(3)「ラベンダー」

トンボ鉛筆 シャープペンシル OLNO/オルノ

品番:SH-OL44

2018年に廃番になったカラーです。

店頭にはまだまだ残っています。

どこがラベンダーやねん Σヽ(´∀`;)


このように、製品によって色名はバラバラです。

あくまで私の目で見た感想ですが

実際の色は3種類とも「どっちかというと青色」です。

名称がどうあれ自分が紫と思った物だけ集めたいのですが

山奥に住んでいるので通販で買うことも多く

届いてみたら『紫に見えなかった事故』が起こるわけです。

店頭で実物を見れたら自分の中の色基準で

買うか買わないか決められるのに・・・

田舎悲しい・・・

そうしてコレクションに加わらなかったものの

メルカリやヤフオクで売るのも面倒くさくて

しまいこんでいるブツがたくさんあります。

いつかまとめてどなたかにお譲りできないかな・・・

Twitterのフォロワーさんが増えたらプレゼント企画とかもいいね・・・ウフフ(妄想)


次回は今まで見た紫系の文具の中で

最も「色名がおかしい、どうしてこうなった」

と思った製品をご紹介!

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする