パイロット「ペン習字ペン」リニューアル再販!違いは?新旧比較したよ 〜海外には似た形のパープルもあるんだよの巻〜

旅に出ているlowsaltです。

なので今日はスマホからの更新です。

以前は行間がうまく設定できず

「ムキーッ!(;`皿´)」ってなったんですが今回はどうかな・・・

さて本日の主役は・・・

パイロットの「ペン習字ペン」という廉価万年筆です。

同じパイロットの「カクノ」に比べると

知名度は低いものの、根強い人気があります。

今年1月頃?に生産終了(廃番)となり

一時は入手が難しくなっていたのですが

先月、復活しました。早っ

初めからその予定だったんでしょうか?

全く同じ再販ではなく若干リニューアルです。

そんなわけで、古いのと新しいのを比較してみるよ!

ここでは便宜上、旧版・新版と呼びます。



パッケージ表



パッケージ裏

どちらもカートリッジインク(黒)1本付き。

公式サイトの旧版(FP-50R)ページ

公式サイトの新版(P-FP60R)ページ

新版のプレスリリース

《ネットで確認できる変更点》

・カラーラインナップ

旧版:ブラック/ノンカラー

新版:透明ブラック/ノンカラー
(数量限定で透明ライトブルー、透明ピンクもあり)

・価格

旧版:500円+税

新版:600円+税



うーん、ボディは同じに見えます。



ペン先の刻印が変わっていますね。

もしかしたら旧版か新版かの違いではなく

製造時期によって異なる可能性もなきにしもあらずですが

我が家にある5本の旧版は全部同じ刻印です。



ペン先にインクを付けて書いてみました。
(MDノート使用)

書き味は、どちらもカクノと同じような感じです。

旧版の方が若干太く書けるのですが、個体差かもしれません。

旧版5本持ってるんだから他のも比べればよかったのに自分のアホ。

今は旅先だから後日できたらします(写真だけ先に用意してた)

比較は以上です。

旧版のブラックは完全に廃番っぽいから持ってる人は大事にしような!


このペン習字ペン、実はパープルも存在します。

《2018.12.17 追記》

似た形のもので「Plumix」という海外向け商品がありまして

その中にパープルも存在します。

キャップと胴(紫色の部分)の形は異なるのですが

全体的なフォルムがペン習字ペンに似ていて

首(透明な部分)の指を置くくぼみは多分同じです。



ペン習字ペンと違い、カリグラフィー用で

複数のカラーが発売されたそうです。

(現在も販売してるのかは知りません)

私はヤフオクで業者さんから購入しました。



手前がカリグラフィー用。

奥は、業者さんの手によりカクノのペン先に交換されたもの。

国内向けより海外向けの方がカラフル、て事よくあるよね文具界隈・・・

以上、ペン習字ペンのお話でした!

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする