「第5回 神戸ペンショー 2019」レポート 〜購入品紹介からの自宅で独りペンショー〜

紫色の文具を求めてとこしえに彷徨うlowsaltです。

今年も行ってまいりました神戸ペンショー!


第5回 KOBE Pen Show 2019

万年筆愛好家による万年筆好きのための万年筆イベント

開催日時
2019年11月23日(土)11:00~17:30
2019年11月24日(日)10:00~15:30

会場
北野工房のまち3階講堂

主催
ナガサワ文具センター × y.y.ペン倶楽部

入場料
各日500円(税込)
※小学生以下無料
※当日再入場可


今回も午後にじゃんけん大会があったようです。

私はまたもや初日の午前中だけ参加・・・

11時開場予定でしたが

早まる可能性もあるとのことだったので

余裕を持って出かけました。

会場に着いたのは10時頃。

すでに3Fから2Fにかけて列が出来てました。

そして30分早く10時半に開場しました。

出展者数は35ほど。

去年より万年筆の割合が減って

インクの出品が増えたなと感じました。

自分はインク以外が主な目的なのでちょっと残念。

会場を5周くらいして40分間の滞在でした。

色んなお店のオリジナル品がたくさん見られました。

材質上、全く同じ柄は存在しないため

「一点物」と言っても差し支えないような

筆記具もたくさんありましたし、

レアなビンテージ・中古(新古品?)などもありました。

普段なかなか買えない限定の万年筆インクなどは

どんどん売り切れていってるようでした。

本気で欲しい人たちにとっては戦いです。

だから「戦利品」って言うんだよね!

私も早めに入場できたので

上記の「一点物」は選びたい放題でした。

ヽ(・∀・)ノ イエーイ

ですけど、期待していたような

昨年みたいな)お宝には出会えず・・・

というかもう紫色の文具を集めすぎて

目につく紫はだいたい既に持ってる物なんですよね orz

あとは、キリがないので集めてないインクたち。

(時々気紛れで買う)

でも活気があって楽しかったです。

きっと来年も参加します!


〜それでは「戦利品」をご紹介〜



購入品はこれだけ。

後でブースごとにご紹介します。

右端に写ってる入場券は昨年と同じく割引券になっています。

ナガサワ文具の対象店舗での買物が10%オフ。

期限内なら何度でも使えます。

でもこれ、昨年は事前に告知があったけど

今年はなかった気がします。

知らずにナガサワで買物してから会場に来た人が

これ貰ったら損した気分になるよね・・・



左から

チラシ(裏側が会場マップ)

入口で貰ったトートバッグ(先着)

入口で貰ったペンズアレイタケウチのクリアファイル

590&Co.のブースで買物して貰ったトートバッグ


〜「戦利品」をブースごとにご紹介〜

PENBBSで買った、万年筆とインク




合わせて3,600円!やっす!!!

ペンケース(選べる)も付いてきてこのお値段。

や・・・やっすぅぅう!!!

英語(苦手)でのやり取りだったので

個々の価格はよくわからず(´∀`;)

さっき書いた「材質上、全く同じ柄は存在しない」製品です。

私が行った時はまだほとんど売れてなかったので

じっくり見て一番好みの紫色をGETできちゃいました。



気になっていたPENBBSをついに買えてご機嫌です。



プランジャー式の万年筆は初めてですウフフ。



ペンケースの内側にロゴがありました。


590&Co.で買った、CRAFT A のシャープペンシル




定価:7,920円。

こちらも先ほどと同じく

「材質上、全く同じ柄は存在しない」製品で

「まだほとんど売れてなかったので選びたい放題」でした。

CRAFT A は通販でも購入したことがありますが

色合いが予想とちょっと違ったので

次に買うなら実物を見て選びたいなと思っていたのです。



紫色のシャープペン、たくさん並んでて壮観でした。

一本一本じっくり見てこちらを選びました!



ついでに前述の、色合いが予想と違った製品(鉛筆キャップ)と記念撮影。


石丸文行堂で買った、万年筆インク



合計で4,400円(2,200円+1,100円×2)

前から気になってた「藤山マリアージュパープル」と

カラーバーインク「イーグルス・ドリーム」「エクソシスト」


〜そして自宅で独りペンショー〜

「今回の神戸ペンショーで見かけたけれど

 既に所有していたので買わなかった紫色の物」

を自宅で並べて撮影したよ!

ペンショーの雰囲気が伝われば幸いです。

ラッシャッセー\\\٩(・ω・)و///



上から

・OPUS88 OMAR パープル

・OPUS88 ピクニック パープル

・ペリカン M600 バイオレットホワイト

・ナガサワ プロカラーモデル 布引ラベンダー

・ウォーターマン オーダス ピンクガーデン

・報画堂 プロフェッショナルギアスリム ラベンダー



上から

・シュナイダー リンクイット デイトナバイオレット

・シュナイダー ワンビジネス06 バイオレット

・シュナイダー ワンチェンジ バイオレット

・パイロット グランセ ふじ

・ウォーターマン メトロポリタン エッセンシャル パープル

・ヤーチンスタイル Dainty ラベンダー



上から

・カンダミサコ ペンシース
(バイオレット・アイリス・ピンクローズ)

・ナガサワ キップ レザーペンケース 神戸ヒメアジサイ

・デュン カードリッジ バイオレット

・デュン ワンペンカバー ライラック
(細軸用・太軸用)



左から

・京の音「滅紫」

・京彩「大原の餅雪」

・文染「地衣」

・八文字屋「樹氷アメジスト」



あと、オーダー制作が可能なViriditasも出店してました。

これは以前オーダーしたガラスペン。

軸の素材に好みの紫色が少ないので、今回は頼みませんでした。

これら以外にも紫色は数点(インクは数え切れないほど)ありましたが

お値段がうーん

デザインがうーん

色合いがうーん

とかで購入には至りませんでした。



以上、神戸ペンショー2019レポートでした!

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする