【続報】トンボ鉛筆の万年筆と水性ボールペン『Object(オブジェクト)』ブルー 〜ガッツリ変色してるよね〜

最近、新しいiPhoneに機種変更したlowsaltです。

以前のよりもカメラ機能が向上してるので

このブログの写真ももうデジカメはやめて

iPhoneだけにしようかな、と思っています。

場合によってはデジカメの方が良いかもしれませんが

いちいち使い分けるのは面倒くさいのです。

本日の記事は、その辺どうするか決めかねて

デジカメで撮った写真とiPhoneで撮った写真が混在しています。

さてさて・・・

今回の記事は過去記事(↓)の続きです。

トンボ鉛筆の万年筆と水性ボールペン『Object(オブジェクト)』パープルとブルー 〜変色してる?〜
今年はなんだか早めに確定申告でき・・・そうな気がするlowsaltです。 (毎年ギリギリ) さて本日の主役はこち...

ボールペンと万年筆、同じ「ブルー」なのに

並べてみたら全然違う色だった、変色してるのかも?

という話から

そういや、たまに行くショッピングモールにボールペンが1本残ってました。

煌々とした照明の下、蓋が透明なケースの中で

縦半分がスポンジに埋まってる状態で置いてあったはず。

縦半分が変色してたら謎が深まって面白いっすね!

よし、今度買ってきて比べよう( ゜∀ ゜)

ってなって2ヶ月後、やっと買いに行けました。

さらに別ルートで万年筆ももう1本手に入れたので

それぞれ比べてみますぞ〜!



今回買ったボールペン、過去記事では

蓋が透明なケース云々って書いてましたが

正確には写真の通り、中身をスポンジごと出して箱の上に置き

全体をOPP袋で包んである状態でした。

売り場で見ても明らかに色あせてました。

「え、これに3,000円出すの?本気か私?」

と一瞬ためらいましたが買ったよ約束だもの!٩(・ω・)و



ボールペンをスポンジに入ったままで取り出しました。

奥に置いたのは、以前から持ってた方のボールペンです。



OPP袋はホコリを被っていたので

それなりに長期間、光にさらされていたと思われる軸。

はたしてスポンジとの境目はどうなっているのか!?

バアァーーーーン!



・・・まんべんなく、ある意味キレイに色あせてました。



以前から持ってた方と比べると

色が薄くなり、赤みが増しています。

どっちも紫色っぽいから自分的にはOKだけどね!

なんかわかんないけど・・・

明るい所に置いとくと(または経年劣化で)

全体的に色あせするみたいです。

文系なのでこれ以上はわかりません。


次は万年筆です。

今回手に入れた方と前回載せた方を並べます。



・・・特に違いは感じられませんでした。

どっちもたぶん、日の当たらない所に保管されていたのでは。

ボールペンと同じようにガッツリ色あせた万年筆か

万年筆と同じようにちゃんとブルーなボールペンを見られれば

私の中の何かが納得しそうなんだけど・・・

これ以上この案件にお金使うのは・・・うーん・・・やめとこ。


最後に、ボールペン2本と万年筆1本で

グラデーションを作ってみたよ。




デジカメで撮ったもの。



iPhoneで撮ったもの。

はじめは色味が全然違ったんですが

(デジカメは青く暗く、iPhoneは赤っぽくなった)

画像ソフトでできる限り近い色合いに加工しました。

どっちがいいんだろう・・・

でもやっぱりiPhoneの方が撮影は楽だな・・・うん・・・


以上、続報でした!

次回から3回連続でペンケースをご紹介する予定です。

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする