スワロフスキーのボールペン、紫色系の9種類を比較/写真43枚 〜そして自己責任で破壊しちゃうぞの巻〜(SWAROVSKI)


若い頃、宝飾関係の修理部門で働いていたlowsaltです。

小さな爪でとめられた小さな石(メレ)が動かないか

ピンセットでちまちま検品していた日々を思い出すと

(仕事内容はそれだけじゃないですが)

細かくてキラキラした物が爪でとめられてるだけとか

貼り付けてあるだけとかの製品は

あんまり欲しいと思わないんですよね。

ポロッと外れて無くなりそうで・・・

その点、スワロフスキー社のボールペンは

クリスタルが軸内に入ってるのが多いから

なんかホッとするんだよね!

・・・というわけで

スワロフスキー社のクリスタルを使用したボールペンの中から

私が所有している9種類をご紹介します。

(前置きが長い)




まずは全部を並べて撮りました。



便宜上、1〜9の番号を振りました。

1〜3、6〜9は、スワロフスキー社の製品で

4〜5は、他社がスワロフスキー社の認可を得て販売した製品です。

軸色について

【1】〜【4】どちらかというと青寄りの紫色。

【5】少し暗めで若干赤寄りの紫色。

【6】〜【9】照明によって薄紫にもくすみピンクにも見える微妙な色。

リフィル(替え芯)の交換方法は省略します。

型だけでなく製造時期によっても違いがあるっぽいので。

このショップさんの説明がわかりやすいです。

では1本ずつ見ていきましょう〜



【1】クリスタルライン ボールペン(Crystalline)

パープル(タンザナイト表記の店もあり)

参考価格:3,800円+税

現在最もよく見かけるのがこの型ではないかと思います。

ライトライラック(ピンクに近い)も存在します。



ペン先を出す時ひねる部分はここ。



細かいクリスタルがぎっしり入っています。



【2】の旧型よりも粒が小さくなって数が増えた感じです。

上:新型、下:旧型



【2】クリスタルライン レディ ボールペン(Crystalline Lady)

パープル

参考価格:3,800円+税

前述の【1】の旧タイプです。

まだ販売中のお店がありますが

在庫限りだと思うので気になる方はお早めに。



ペン先を出す時ひねる部分はここ。



【3】クリスタルライン USBボールペン(Crystalline USB)

タンザナイト(パープル表記の店もあり)



ペン先を出す時ひねる部分はここ。



真ん中を引っ張ると4GBのUSBメモリーが現れます。

何年も前の製品なので詳細がわかりません。

色違いの16GBの物(14,700円+税)がまだ売られていますが

公式ネットショップには無いので廃番だと思います。

ライトライラック(ピンクに近い)もあったようです。



【4】テンデザイン×スワロフスキー ローラボールペン(ten Design Stationery)

パープル

香港のテンデザインステーショナリーのローラボール(水性ボールペン)です。

中古で手に入れたので詳細不明ですが

「Crystal de luxe」というシリーズの

「The TOP」というペン・・・なのかなあ?

すでに廃番のようです。

他の8種類のペンは軸がツルツルですが

このペンだけはサラサラした手触りです。



マグネット式のキャップで、軸のお尻にもパチッとはめられます。



入手した時はシュナイダーのリフィル(トップボール850)が入っていました。



【5】パリスビジュー×スワロフスキー ボールペン(ParisBijoux)

ラベンダー

参考価格:5,000円+税

パリスビジューのボールペン。

軸色も石の色も他の8種類とは異なります。

初期装填芯はブルーです。



ペン先を出す時ひねる部分はここ。



赤紫のクリスタルがトップにも。

このくらいの大きさなら、はずれてもすぐ気がつく・・・かな。

楽天やヤフショではあんまり売ってないんですが・・・

実はヨドバシでね・・・お安く手に入るんですよ・・・

ここだよ(売り切れてたり価格が戻ってたらゴメンね!)



【6】クリスタルライン スターダスト ボールペン(Crystalline Stardust)

ライトライラック(ライラック表記の店もあり)

参考価格:3,800円+税

【1】と並んでよく見かける現行品です。

ローズゴールドの金具が特徴的。



ペン先を出す時ひねる部分はここ。



【7】クリスタルスターライト アジェンダ ボールペン(Crystal Starlight Agenda)

ライトライラック

参考価格:3,800円+税



ペン先を出す時ひねる部分はここ。



トップの大きいクリスタルがとても綺麗です。

すごい目立つので、はずれたらすぐわかる・・・はず。

公式ネットショップでアウトレットになっているので

もう廃番なのだろうと思います。

似た形のローラボール(6,400円+税)もありますが

そちらも廃番だと思います(私は未所有です)



【8】クリスタルライン スターダスト キャップ式ボールペン(Crystalline Stardust)

ライトライラック

参考価格:6,400円+税

ローラーボールペンと表記されていることもありますが

初期装填芯がジェットストリームなので

ローラボール(水性)じゃなくて

低粘度油性ボールペンですね。



カチッとしめるタイプのキャップです。

キャップをペンの後ろにかぶせるのは

グラグラして不安定なのでおすすめしません。

こちらも廃番で在庫限りのようです。



【9】タッチペン ボールペン(Stylus Pen)

ライトライラック

参考価格:3,800円+税(たぶん)



ペン先を出す時ひねる部分はここ。



これも廃番で正式名称や価格がわかりません・・・


書き比べ



1、2、3、6、7、9は、いずれも

スワロフスキーかシュミットの社名入りの

ドイツ製の黒油性ボールペン芯が入っていました。


パッケージはいろいろです



綺麗な箱に入ってることもあれば

黒や紺のベルベットのポーチだけのことも。

贈り物とかでこだわりがある人は

購入前にお店に聞いた方がいいと思います。

この写真の他に白い箱もあったんだけど見つからない・・・


〜蛇足〜


【2】のボールペン、今回ご紹介した他に

もう1本、中古で手に入れたんですけど

入手した時から内側が白く汚れているというか曇ってるというか・・・

Twitterでもつぶやいてました(↓)





綺麗なのと見比べるとわかりやすいです。

この白いの、何なんでしょう・・・?

掃除したい・・・!

軸を分解して中身を出して綿棒とか突っ込みたい・・・!

しかし引っ張ってもひねっても軸の中央は分解できません。

スワロフスキー社はボールペンを消耗品ととらえて

修理には乗り気ではないらしいですし(信頼度低いネット情報)

仮に修理できたとしても購入価格(1,000円)より費用がかかるよねw

というわけで諦めて捨てることにしました。

でもその前に!

中身だけでも救出したい。

〜ここからは自己責任でやりました〜

屋外で、新聞紙で包んで

ハンマーでガンガンガン・・・



あれ・・・?

びくともしないぞ・・・?

見た目よりもはるかに頑丈だな!

ではさらに大きいハンマーでガンガンガン・・・



折れたー!

しかし中身も粉砕ー!(;∀;)

さすが自他ともに認める不器用!(;∀;)

クリア部分に「ヒビが入ってバキッと割れる姿」をイメージしてたんですが

割れるんじゃなくてつぶれるのね、この軸・・・

(;∀;)



綿棒突っ込みたい願望は叶えられましたが

白いものは取れませんでした・・・何なんこれ・・・



それから使えそうなのを選り分け・・・



カクノに入れました。



けっこう綺麗じゃないですか?

ムフフ(´ω`=)

初めは六花に入れようかと思ったけど

内側が傷ついたらと思うと怖いので・・・

ところでこの限定カラーのカクノ

洗浄に便利なスポイトが付いててオススメだよ!


最後にもう一度、集合写真


以上、スワロフスキーボールペンのご紹介でした!

長々とお付き合いいただきありがとうございました!

次回は・・・もうちょっと短めの記事書くよ・・・

_:(´ཀ`」 ∠):__

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする