『紙博2018 in Kyoto』レポ2〜戦利品・手紙社〜 ​

紙博 2018 in Kyoto の戦利品を載っけるよ・Part1

〜手紙社(紙博の主催者)〜

まずは入場時にもらえる・・・

なんて呼べばいいのか・・・裏面が会場マップになってる紙。

Kumpel』が印刷した入場チケット。

列車の特急券をイメージしているそうで、本物の切符そっくり。

裏面もめちゃくちゃ凝ってます。

さらに会場では、実際に鉄道の改札で使われていた『あのハサミ』で

チケットに切り込みを入れる体験もできましたよ!

昔の記憶から「ぱちん」って切れるのかと思ってたのですが

手応えがないくらい「スッ」と切れてびっくりしました。

会場内で3つの標識を撮影して貰える、手紙社の紙もの。

各日先着200名。

いろいろな種類の紙ものセットから選べるのですが

文具柄+茶色い紙という組み合わせが好みでこれを選択。

あと・・・紙博オリジナルのおみくじがありまして

無料だったので気軽に引いてみました。

ここで話がちょっと脱線しますが

私の父は、おみくじを引くと高確率で凶か大凶が出ます。

母との初デートで浅草寺で大凶を引いたのをはじめ

名だたる神社仏閣で凶と大凶を掴んできました。

私の身近で唯一のオカルト話がコレですw

・・・そんな父の子である私のおみくじ運は!

ええ〜トイレットペーパー無いの困る〜

そうです私も結構な確率で凶を引き当てます orz

思えば、厳島神社で両親と引いたおみくじは

母と私が中吉で、父は凶・・・

別の年に清水寺で引いたおみくじは

母が大吉で、私と父が凶・・・

両親の血を等しく受け継いでる感じですね!

・・・・・・。

気を取り直して次回も戦利品紹介いきまーす! ( ・ω< )⌒☆

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする