【ISOT2019】NUNO DECOシリーズ ヌノデコペンドット新発売 〜デコに挑戦&他社のドットペンと比較の巻〜


紫色文具大好きlowsaltです。

ISOTで気になった製品をご紹介、第三弾。

(株)KAWAGUCHIさんのブースで見た NUNO DECOシリーズ!

NUNO DECO SERIES は

「布にデコ」+「布以外にもデコ」が楽しめる製品です。

種類が多いので、詳しくは公式サイトをどうぞ。

このシリーズにドットが描けるペンが仲間入りします。

「ヌノデコペンドット」7/24発売予定

(「ぬりえワッペン」も同時発売)



上の段の黄色っぽいパッケージが新発売のドットペン。

下の段は既に販売されている蛍光ペンとキラキラペン。

サンプルとしてドットペンとトートバッグをいただいたので

自分で買った紫色系のヌノデコと共にデコってみるよ!

※文具よりも手芸用品売り場で見つかる事が多いです。



このミニトート、公式サイトに載ってないので

もしかしたら非売品かもしれません。

(印刷なしのものは販売されてます)



・・・完成!



どうでしょうか、不器用なりに頑張りました・・・

ヌノデコテープは、素材によっては

アイロンなしで接着できるそうですが

布の場合はアイロンでしっかり貼らないと剥がれます。

アイロンさえかければお洗濯もOKです。


「ヌノデコペンドット」は布だけでなく紙にも書けます。

紙にドットが描けるペンといえば、他に2種類思いつきます。



呉竹の「ZIG クリーンカラードット」と

トンボの「プレイカラードット」です。



というわけで書き比べてみました。

(使用した紙:トモエリバー)

上から

「ヌノデコペンドット」レッド(280円+税)

「ZIG クリーンカラードット」ヒアシンス(200円+税)

「プレイカラードット」ライラック(160円+税)

3種類ともドットと細字のツインマーカーです。

ヌノデコとZIGは、力の入れ方でドットの大きさが変えられます。

プレイカラーはハンコのような感じで大きさが均一です。

ヌノデコとプレイカラーは色の濃くなった部分が

ほんのわずか〜に裏抜けしました。

ほんっっっとにわずかです。

上手く写真に写らないくらいの。

以上、NUNO DECOシリーズのご紹介でした!

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする