お家で紫色×白色のシャープペンシルを組み立てるよ!〜持ちやすさも書きやすさも遥か遠くに捨ててきた個性派『Varacil(バラシル)』〜

もう9日ですが、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

さて本日の主役はこちら!


AS IF TOY 『Varacil(バラシル)』

定価:900円+税
芯径:0.5mm

・black / white
(ブラック×ホワイト)
品番:VC-01KW
JAN:4562366810014

・dark violet / light pink
(ダークバイオレット×ライトピンク)
品番:VC-01VP
JAN:4562366810052

この他に3種類のカラーがあります。

公式サイトからコンセプトを引用します。

バラバラにできるシャープペンシル
Varacil バラシル
持ち心地を無視し、デザイン重視の凹凸ボディ。
書き心地を無視し、無駄な要素(パズル)を取り入れた機能。
筆記具の本質から外れたシャープペンシルです。

持ちやすさも書きやすさも潔く捨てた

遊び心あふれる組み立て式のシャーペン。

メーカーはパズルキットと言ってますが

プラモデル…だよね……

なぜ2つ買ったのかというと

色の組み合わせを変えて

ダークバイオレット×ホワイトを作るためです。




しかし購入してから7年近くもの間

開封さえせずしまい込んでいました。

理由はパッケージのこの文。



「上級者向け」



「立体的パズルが苦手な方はご遠慮ください」

全くプラモデルに触れたことない初心者で

自他ともに認める不器用な私に作れるのか?

(´д`;)めんどくさそう…

ってなって放置してたんですが

なんか突如やる気になったので頑張ってみるよ!



形から入る人なので

プラモ用の工具セットも買ったよ!

結論から言うと、初心者でもなんとかなります。

説明書とちゃんとしたニッパーがあれば。

(できればヤスリも)

このニッパーめっちゃ切りやすいよ…

これがなかったらまともに完成させられなかったよ…




ダークバイオレット×ライトピンクの内容。



ライトピンクをホワイトとチェンジ。



マジのプラモです。



説明書も表裏びっしり。

さあ作るよ!



順番がわからなくなるとアカンので

1、2個ずつ枠(ランナー)から切り取って組み立てていくよ!

ニッパーとヤスリを使って切り跡を残さないように!



説明書を見ながら…なるほど、わからん。

うーん、うーん……どうなってんのこれ…



数分の格闘の末、なんとか1つ目が出来ました。



順番に組み立てていくよ~



ここでシャープペンシルの中身が登場!



中身を組み立て。



軸の中に入れました。

下にぽつんとあるパーツはノック部で

最後にセットするものなのですが

シャーペンの機構を組み立てる際にも使ったので

もう枠から切り離してあります。



残り(グリップのあたり)を作っていきます。



完成〜!

約1時間20分かかりました。



ではシャーペンの芯を入れましょう〜

※芯は付属してないので自分で用意します



カチカチカチ…

あれ…?

出ない……???



しかたないので軸を分解…



中身も分解して悩むこと数十分…

わかったよー!



チャックリング(一番小さいパーツ)が前後逆でした!



中身を組み立てた時(軸に入れちゃう前)に

ちゃんと芯が出るか確かめておくべきでした orz

ホンマ自分、そういうとこが不器用なんやで…



そしてやっとやっと本当に完成ー!!!

使い心地は…もちろん悪いですw

ゴツゴツした握り心地。

接着剤を使ってないので

力を入れたらバラバラになりそうな不安感。

でも楽しい&達成感があるよ!




最後にいつもの撮影ブースでちゃんと撮りました。



ノック部。



ペン先。

文具界では数年で廃番になる筆記具も多い中

こんなおもしろ系がまだ売られているのはすごいと思いますが

在庫限りと表示してるお店もあるのでもう製造終了なのかも…



以上、バラシルのご紹介でした!


《おまけ》今回登場した工作マット

・作業中に使用

・最初の写真6枚と最後の写真4枚に使用(いつものやつ)

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする