ペリカン 万年筆 スーベレーンM600 バイオレットホワイト 〜海外販売分と国内販売分を比較したら箱以外にも違いが!の巻〜

11/23-24の神戸ペンショーが楽しみなlowsaltですウフフ。

さて本日は・・・



ここに箱が二つあるじゃろ?

これを開けるとな・・・



ドギャーーーン!

というわけで

ペリカンM600バイオレットホワイトの

海外販売分と国内販売分を手に入れました!

_人人人人人人人人人人_
> 何やってんの自分 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄  \(^q^)/

箱が豪華な方が海外販売分です。

この箱、なんで日本では付いてこないんだろう・・・

ではでは、まずは軽くご紹介。


ペリカン Pelikan 万年筆 スーベレーンM600 バイオレットホワイト

国内での定価:45,000円+税

国内での発売:2019年10月末〜11月頃

ペン先:14金(EF/F/M/B)

方式:本体吸入式

上が海外販売分

下が日本国内販売分です。

「カラー×ホワイト」の組み合わせは

数量限定の特別生産品で

過去にはピンク、ターコイズが出ています。

同じストライプ柄のボールペンもあります。

今回のバイオレットホワイトは

なぜか国内分の発売だけが

当初の予定より何ヶ月も遅れました。

先に海外分を手に入れた方々が羨ましかったですが

早い段階から国内分をもう予約してあったので

大人しく・・・待つつもりだったんですよ。

でもたまたま、海外のお店の日本支店から

海外分をお安く購入できちゃいまして・・・

(ゝω・。)ゞ てへぺろ



海外分はF、国内分はEFを選びました。



吸入式です。

尻軸を回してインクを吸います。

下が内部でピストンが下がっている状態。

インクを吸い終わると上の状態です。

不透明の軸なので、インクの残量がわからないのが難点です。

書き比べ。




ついでにM205(スチールペン先 B)も。

使用した紙:富国紙業「PALLET PAPER」

インク:八文字屋オリジナル「樹氷アメジスト」



色の薄いインクなので、字幅の見本としては

わかりにくくなっちゃったかも・・・スミマセン orz


〜ここからは、違いを発見&問題発生のお話です〜

多くの人は、海外分と国内分の違いを

専用の箱の有無だけだとお思いでしょう。

販売店でさえそのような認識でツイートしてるのを見たことがあります。

私も両方購入するまではそう思っていました。

しかし、バイオレットホワイトの海外分と国内分には違いがあったんです。

少なくとも私が手に入れた二本には。

まずは、紫の縞模様。




海外分の方がチープな感じっていうか

縞模様の上に斜めの線が入っているように見えます。

白と紫の真っ直ぐなストライプを楽しみたいのに

このスジ?が邪魔するんです・・・

Twitterでいただいた情報によると

海外販売分でも、斜めの線が入ってる物と

入っていない物が存在するようです。

しかし、国内の複数のお店が撮影して

ネットに上げてる写真を、何十枚も見たのですが

そんな線が入っている物はなかったので

海外分だけに発生する個体差なのかもしれません。

もしかしたら国内分が発売延期になった原因が

この辺と後述のクリップにあるのかも・・・

※あくまで個人的な想像です。

次に、クリップの形状。



クリップの形状も異なっているのです。

前から持ってるM205アメジストと比べてみたら3つとも違う・・・

M205のことはこれしか持ってなくて

わからないので置いといて (・д・)ノノ⌒

M600は、どうやら仕様変更があったようです。

しかし先に入手した海外分の方が

新しい形状に見える・・・ような?

変更の理由が「欧州におけるニッケル規制」なので

国内分には以前のクリップを使用しているのかも・・・?

※あくまで個人的な想像です。



ペリカンの顔の形も違うし

クリップの先の形状も違います。

《2019.11.26 追記》



海外分はクリップの先端が割れているように見えます。

(金属の板を曲げて作られているのでそのように見えます)



横から見ると海外分は矢印のとこが出っ張ってます。

気づいた時のツイート↓


そして、問題発生。

海外分を買って数ヶ月、国内分が届いたので

一緒に記念撮影〜☆

と思ったら、海外分の金具に変色を発見!

Σ(´д`|||)



Twitterのフォロワーさんにも

金具が変色したという方がいらして

それを聞いた時は気が付かなかったんですけど

撮影用のライトで照らしたら私のも変色してるやーん!

色を見分ける能力は平均以上だと思ってますが

視力自体は低いのです私・・・

\(^p^)/

まだ使ってない段階でこれは不良品では・・・と

購入したお店に写真付きで問い合わせました。

「金具は修理対象外で交換も不可」って突っぱねられたよ(;∀;)

がっかりしてTwitterでつぶやいたら

先ほどのフォロワーさんから

いくつか変色を直す方法を教えていただきました。



まずは最も簡単な

「消しゴムでこする」にチャレンジ!

ゴシゴシゴシ・・・



うおああぁぁあああ!

消しゴムで!

綺麗サッパリ!

消えたああぁぁぁあ!

ありがとうございましたあぁああ!!!

°・((( ; Д ; )))・°・

なんというか、海外の店は日本の店よりも

アフターケアが手厚くない場合があるみたいですね。

このお店での買い物は今後は控えよう・・・と思いました。

まあでも、なかなか面白いコレクションになったと思います。

(´∀`;)

《2019.11.26 追記》

やたら海外分・国内分を強調した記事になってしまいましたが

製造順とか製造ロット?とかで

国内分でも新しいクリップが付いてる物があるかもしれません。

そして新しいクリップが付いてる物は

クリップ以外の金具の材質にも変更があるのでは・・・?

だから変色したのでは・・・?

・・・なんて考えています。

※あくまで個人的な想像です。



以上、ペリカン万年筆M600バイオレットホワイトのご紹介でした!

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする