ペンを入れると自動でホールドするリヒトラブのペンスタンド、A241(ナス)とA240(黒)

紫色大好きだけど紫なら何でもいいってわけでもないlowsaltです。

本日の主役は、面白いペンスタンドなのですが

私のこだわりが見え隠れする記事となっております。


リヒトラブ ペンスタンド 品番:A-241(ナス)
定価:620円+税

リヒトラブ ペンスタンド 品番:A-240(黒)
定価:380円+税



ペンを入れるとペンの重さによって

上部の羽根が閉じて自動的にホールドするペン立てです。

対応するペン軸径は7〜10mm。



では入れるよ!

開口部が広くて差し込みやすいです。



3枚の羽根が閉じていきます。



ホールドする時と引き抜く時に

カシャッと音がして楽しいです。



羽根の中はこうなってます。



軽いペンの場合はちょっと押さないとホールドしませんが

羽根が開いた状態でもペンを支えることができます。



パッケージ。



説明書き。

商品名はただ単に「ペンスタンド」です。

リヒトラブの代表的なシリーズといえば

AQUA DROPs(アクアドロップス)や

Bloomin(ブルーミン)だと思いますが

そういうオシャレな名前がこれには付いていません。

黒色の方のペンスタンド(他に赤/黄/青)は

2019年8月末頃に発売されました。


色はともかく形というかデザインが好みで

「これの全体紫色か本体が黒で羽根が紫だったら

めっちゃ綺麗だよね…出たら絶対に買う!」

…と思っていました。

そして2020年1月末、ついに紫色が発売された〜

めちゃくちゃ好みの濃いめパープル〜


…と思ったらまさかの「かわいい食べ物シリーズ」(;∀;)

かわいい文具はもうお腹いっぱいだよ。

カッコよくて美しいのが欲しかったよ。



上から見ると花のように…が私の理想だけど

茄子だから茄子に見える悲しい……

しかも本体にシリコンゴムがかぶせてあって微妙に大きいです。

シリコンは細かいゴミも付きやすい…

ならば黒の本体(土台)と交換できないか?

ということで試してみますよ!



底がネジ止めされてます。

それをはずすと…



うーん。

複雑そうで私には無理だね!ヽ(;∀;)ノ



悔しかったので

切ってはずしちゃいました。

ごめんなさいリヒトラブさん。

予想以上に分厚いシリコン。



中身は黒と同じ形の白い本体。



ただし、黒にはスチールの重りが入っています。

ナスはシリコンにその役目があったようで本体は軽いです。

よほど重いペンでなければ重りなしでも使えますが

不安なら白の底にも何か入れとくといいですね。

ずっと同じ場所で使うなら

両面テープ等で机に貼り付ける手もあります。



これでちょっとは花っぽくなったかな?

誰ですか「こういうダイコンあるよね」とか言う人は!

俺だよチクショウ!

野菜に見える呪いが解けないよ!

最後に…

「うちのブログらしくない」と思って

トップには据えなかったけど、

補正しまくりのカタログ用写真みたいな

奇跡の一枚が撮れたので貼っておきます。



以上、リヒトラブのペンスタンドのご紹介でした!

今回使用したペン
・サラサグランド2本(前回の記事
・ケリー パープル(過去記事
・フリクションライト ソフトバイオレット

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする