万年筆の記録帳を自作するぞ 〜マルマンのルーズリーフ puo(ピュオ)スリムA5で〜

今日9/23は万年筆の日だそうです。

ならばそれっぽい記事を・・・!

というわけで、前々からやりたいと思っていた

「万年筆の記録帳リフィル」作りに挑戦!

万年筆の購入の記録と

入れたインクの履歴を残せる

ルーズリーフリフィルです。

既製品もありますが

サイズや形式が自分の希望と違ったり

イベント限定品で入手しにくかったりするんですよね。

なので、自作することにしました。

以前はミニ6穴サイズで作ろうと思っていたのですが

それだとやっぱり小さく感じるので

マルマンのpuoスリムA5(7mm横罫)で作ることに。



元々、持ってる文具のバーコードラベルや

説明書をまとめるのにpuoを使用していまして

そこに万年筆の記録も綴じちゃおうかと。




まずはpuoのリフィルをスキャン!



レイヤーの上に各項目を設置!



背景非表示で試しに印刷したり!



位置を確認して微調整したりして

試作を重ね・・・!

(重ねすぎてどれが正解かわからなくなり頭がこんがらがり・・・)



\\わーーーい完成!//

(というか「もうこれでいいや」ってなり・・・)



量産!



袋に戻してみると普通の売り物っぽくないですか?

(自画自賛)

《記入例》



※書いてる内容は架空のものです。



項目に当てはまらない事柄は

その都度書き足せばいいかなと思います。

※繰り返すけど、書いてる内容は架空のものです。

祖父に貰ったとかも嘘です。

古い万年筆を親や祖父母に貰ったなんていうのを

SNSでよく見かけて、そういうのにちょっと憧れてるだけですw

インデックス(目次)は・・・

製品名やブランド名とNo.を並べればいいだけなので

テンプレは必要ない(手書きすればいい)かなと思います。


さてさて〜

ここまで読んでくださった優しいあなたに

万年筆の記録リフィル、ダウンロードサービスです。

《2019.2.4 追記》

ダウンロードサービスは終了いたしました。

自分の使いたい要素を詰め込んで作ったのですが

某社のリフィル(当時は入手困難だった)に

似ちゃってるのが気になった、というのが主な理由です。

いつか新しい記事で、より使いやすく

より個性的に改良した「ver.2」を発表できればと思います。

万年筆の記録ができる紙製品はまだまだ種類が少ないです。

気に入ったのがなければ自作するのも手だよ!

それでは、楽しい万年筆ライフを〜!


写真:プラチナ万年筆 #3776 センチュリー ニース ラヴァンド

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする